カウントダウンタイマー
 
 
 
 
265525
 
   
さまざまな分野でグローバルに活躍する先輩たちにお話しを伺いました。
第1回は川﨑真介さんです。
 
   
 
川﨑 真介さん
 
大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構
素粒子原子核研究所 特任助教
 
 

 
木更津大和校OB
 
木更津高校、東京大学理学部物理学科、同大学院理学部研究科物理学専攻博士課程出身
 
 
   
 
物理学=物の理(ルール)を学ぶこと
 
私の研究テーマは「超冷中性子」。超冷中性子とは、原子核から取り出した中性子をどんどん冷却(遅く)した超低エネルギーのことで、その超冷中性子を用いた重力実験、物質・反物質の非対称性の研究をしています。研究室で、普段は実験計画・準備やシミュレーション、装置開発や実験データの解析、発表(論文や学会)準備を行っています。
 
高エネルギー加速器研究機構は、大学の研究者のための共同利用施設で、高エネルギーに加速に加速した粒子による基礎実験を行っています。素粒子原子核研究所はその機構の一研究所であり、物質の構成要素となる素粒子にまつわる法則を見出し、宇宙誕生の謎に迫るべく実験と理論の両面から幅広く研究を行っています。
 
物理は「物の理(ことわり)」と書きます。だから、物理学は物のことわり=ルールを学ぶこと、実験と検証の仮定を繰り返して究極の物理法則を見つけ出す学問だと思います。
   
 
苑田先生の授業で目標が明確に!!
 
私ははじめ一般の研究者を考えるだけでいました。その後、高校時代に東進で苑田先生の物理を受講して目標が明確になり、自由な空気感を持つ東京大学を目指しました。実は自宅から通学できない範囲の大学というのも重要でした。なんとしても一人暮らしをしたかったので(笑)。
 
皆さんも、志望大学や職業などの明確なイメージを持つようにしてください。それは具体的であればあるほど、強ければ強いほど良いと思います。願望は、強いほど意欲がわき持続します。また、目標(志望校)と現在地(模試や過去問)の差を埋めるよう努力しましょう。現在の成績は関係ありません。今の判定に一喜一憂せず、足りない部分を粛々と補うことが大切です。そして、不純な動機でも大切にしましょう。自分の場合は・・・・・・ひとり暮らしや東大生ブランドなど、どうしてもやる気が出ないときに有効ですよ。
 
   
 
後輩たちへメッセージ
 
受験はチャンスであり義務ではありません。誰もが平等に受験する権利があります。受験勉強は自分に対する投資だと思います。
 
次に、ご両親ときちんと対話をすることが大切です。ご両親は一番のサポーターでありスポンサーです。例えば、学費は大学卒業まで協力してもらうことになると思います。今の想いや考えを常に話すようにしましょう。
 
東進生のみなさん、志望校に何としても合格し、充実した大学生活を送りましょう!!
<<東進衛星予備校MG-group>> 〒292-0805 千葉県木更津市大和1-1-1 TEL:0438-25-0055 FAX:0438-25-1002