本文へ移動

東進模試

  
東進模試の特徴
 
『絶対評価』の連続模試
 
東進模試は『絶対評価』。周りの状況に左右されることなく、志望校と現在の学力を比較します。定期的に実施される連続模試だから、毎回受験することで、学力の伸びや「合格までにあと何点必要か」を常に正確に把握することができます。
  
   6月実施は東進だけ!
 旧七帝大本番レベル模試の6月一斉実施!
   東大だけでなく京大・北大・東北大・名大・阪大・九大の各本番レベル模試を夏休み前の6月にも実施
 します。6月の本番レベル模試の受験により夏休み前に志望校の合格レベルと現在の自分の実力を知る
 ことができます。そのため、受験の天王山といわれる夏を、入念に学習計画を立てた上で最大限に生か
 すことができます。
 
 
 
緊張感を高める入試の『本番レベル』
 
東進模試は、実際の入試と同じレベル・形式・出題範囲で実施される『本番レベル』模試。本番さながらの真剣勝負だから、緊張感が違います。
毎回『本番レベル』のため、学力の伸びを具体的な点数で把握する「学力のものさし」として活用できます。連続受験によって、』模試間の学習効果の検証も可能。勉強法の改善にも役立ちます。本番同様「センター試験+二次試験」のドッキング判定※1も行っています。
※1 センター試験後に実施となる模試は、センター試験本番(自己採点)とのドッキング判定となります。
 
充実の成績表を最短7日後※2にスピード返却
 
 学習の成果を分野別にわかりやすく表示した成績表を、最短で実施7日後※2に『スピード返却』。模試を受けるだけで終わることなく、次の目標に向けた学習に、いち早く取り組むことができます。 
※2 成績表の返却日は模試により異なります。
 
『合格指導解説授業』※3で完全理解
 
 模試受験後に別の日程で『合格指導解説授業』を実施。核心をついた解説で、重要な問題の解き方を映像による授業で指導します。授業を行うのは、東進の有名実力講師陣。大問別に受講可能なため、解けなかったあの問題も、手に取るようにわかります。
※3 実施模試・実施回によっては合格指導解説授業を実施しない場合があります。なお、大学合格基礎力判定テストでは合格指導解説授業は実施しません。復習用教材を学力向上にお役立てください。
 

 模試受験後の合格指導面談

  毎回の模試の結果を受けて担当がロードマップの進捗確認・修正を行います。

  問題点を分析し、面談を通して次回に向けた具体的な取り組みを生徒一人ひとりと話し合います。

 

 
詳しい東進模試の情報・模試の受験申し込みは、
 
東進模試公式ウェブサイトをご覧ください。
株式会社 真板学園
〒292-0805
千葉県木更津市大和1-1-1
TEL.0438-25-0055
FAX.0438-25-1002

・MGキャラップの運営
・東進衛星予備校の運営
・東進中学NETの運営
・四谷大塚NETの運営

3
1
9
4
3
8
TOPへ戻る