本文へ移動
 
東進衛星予備校 勝田台校
 
高3・高2・高1・高0・中3・中2・中1生対象
※高0生とは中高一貫校の中学生、または高校1年生と同等の学力を有する中学生。
 
【住    所】〒276-0020 千葉県八千代市勝田台北1-8-7
        KEIYU ビル4F
【交通アクセス】京成勝田台駅北口A3出口より徒歩2分
        (あべこどもクリニックビルの4F)
【お問い合わせ】TEL.047-481-3300
※受付時間:平日 13:00~22:00
【火曜のみ15:00~22:00】
土日祝:9:00~22:00《年中無休》

■資料請求はこちらから!!

 

校舎の所在地案内図

京成勝田台駅北口A3出口より徒歩2分(あべこどもクリニックビルの4F)

2018年度大学入試 合格実績

勝田台校 合格実績

 
✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿
 
ここ東進衛星予備校勝田台校では、今年もたくさんの合格の声が届いております!
皆さんおめでとうございます!!
勝田台校所属、現役生のみの合格実績です!!(3/10 20:00現在)
 
✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿
 
 
 
東京大学    1名
・文科三類
 
大阪大学    1名
・法学部
 
東京工業大学  1名
・第1類
 
千葉大学    4名
・法政経学部(2名)
・教育学部(2名)
 
筑波大学    1名
・理工学群
 
金沢大学    1名
・理工学域
 
首都大学東京  1名
・理学部
 
 
 
早稲田大学     15名
・商学部
・法学部(3名)
・文学部
・政治経済学部(2名)
・文化構想学部
・教育学部(3名)
・基幹理工学部
・先進理工学部
・創造理工学部(2名)
 
慶應義塾大学      4名
・商学部
・経済学部
・法学部
・理工学部
 
上智大学          3名
・外国語学部
・理工学部(2名)
 
東京理科大学            8名
・工学部(2名)
・理学部(2名)
・理工学部(4名)
 
明治大学           22名
・経営学部(4名)
・商学部(4名)
・法学部(3名)
・政治経済学部(3名)
・国際日本学部(2名)
・情報コミュニケーション学部(2名)
・理工学部(4名)
 
青山学院大学     4名
・経営学部(2名)
・総合文化政策学部(2名)
 
立教大学       8名
・経営学部
・経済学部(2名)
・社会学部(3名)
・法学部
・観光学部
 
中央大学      4名
・法学部
・商学部
・理工学部(2名)
 
法政大学     16名
・経営学部(6名)
・経済学部(4名)
・文学部(2名)
・国際文化学部
・生命科学部
・理工学部(2名)
 
 
他にも多数の大学に合格しております。
他の合格実績は校舎にてご確認ください!

校舎の案内

 
勝田台校ってこんな場所!
 
切磋琢磨! ここで受験勉強始めてみませんか?
 
 


OBの声

校舎ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

定期試験が終われば冬休み!

2018-12-13
こんにちは!担任助手の三村です。
今週は寒いですね!マフラーが手放せなくなりました…。
 
突然ですがみなさん、学校の定期試験はいかがでしたか?
もう試験が終わった方もいれば、まだ途中という方やこれからという方もいると思います。
成績についても、余裕という方もいれば、ヤバ…という方もいるでしょう。
 
ここでみなさんに考えてほしいのは、成績がどうだったかではなくて
試験期間の時間の使い方についてです。(もちろん成績も大事ですが)
授業が早く終わったり、部活がなかったりと
試験期間は普段より多く時間があったと思います。
時間は有意義に使えましたか?思い返してみてください。
まさかとは思いますが、「ずっと遊んでた」なんてことは…ありませんよね…?
最低限、試験の対策はしたんじゃないかなと思います。

でも実のところ、一夜漬けしたり
一夜漬けとまではいかないまでも数日間で詰め込んだり
あるいは…部屋の片付けや睡眠ばかり捗って勉強はおろそかだったとか
最低限の勉強はしたけど遊びもしただとか
そんなこと、ありませんか?
 
そして試験期間が終わると
「もっと前から対策しとけばよかった」と後悔する。
でも結局いつもと同じになってしまう。
みたいな。よくあるやつですね。
 
実はこれ、かなり危ない状態なんです。
頭ではわかっていても実行できない、というのは
いざというとき(それこそたとえば大学受験のときに)焦燥感や自己嫌悪につながります。
率直に言って、大学受験は定期試験のようなその場しのぎの勉強でなんとかなるものではありません。
(推薦入試等を考えている人はなおさらで、定期試験もとても大切です)
この「わかっていてもできない病」をどこかで克服しなければならないのは言うまでもないことです。
 
じゃあいつやるの?今でしょ。(古いですね)
 
定期試験が終わって冬休みに入る今がチャンスです。
幸いにも、時間はあります。
この冬休みを通して勉強する習慣をつけ、今までの甘ったれた自分に
おさらばしようではありませんか。

(と、ここで露骨に宣伝をはさむわけですが)
これを読んで少しでもなにか感じることがあった方に朗報です!
東進ではただいま、冬期特別招待講習というイベントをやっています。
これは東進の授業を無料で体験できるというもので、
12/18(火)までのお申し込みで2講座
12/24(月祝)までのお申し込みで1講座
まで体験できます。(1講座あたり90分×3~5コマで構成されています)
さらに、授業だけではなく
高速基礎マスターという特別なツールも無料体験することができます。
これはその名の通り「高速で」「基礎を」「マスターする」ためのツールで
たとえば英単語・熟語・文法や数学など各科目に必要な知識を修得できます。
受験勉強に活かせるのはもちろん、今後の学校での勉強にも役立つこと間違いなし!

今までの自分から脱却したい!
遊ぶだけじゃなく有意義に時間を使いたい!
そんな風に考えているそこのあなた!
この冬休み、僕たちと一緒にがんばりましょう!
お申し込みお待ちしております!

冬休みの過ごし方

2018-12-08
こんにちは!担任助手の新美です。
昨日は暖かく、今日は寒く、気温が安定しない日が続いていますね。
インフルエンザも流行ってきているようなので、気をつけてください。
 
さて、もうすぐ冬休みですが、皆さんは今、どのように過ごしていますか?

3年生はもちろん受験に向けて最後の追い込みをしている最中だと思います。
じゃあ、1.2年生は?
おそらく今は期末テストの勉強をがんばっていると思います。
しかし、その一時の勉強だけで、終わったらすぐに勉強しなくなってしまうとせっかく覚えたことでもすぐに忘れてしまいます。
大切なことは、"反復"です。そのため、今回やった内容や今までやってきた内容をもう一度復習し、
反復しなおすのにはこの冬休みは絶好のチャンスです。
 
1年生、まだ受験は先だと思っているかもしれませんが、冬休みが終わったら2年生になり、勉強する内容も増えていきます。
2年生、あと1年もあると思うかもしれませんが、あと1年"しか"ないのです。長期的な休みもあまりありません。
 
この冬休みに今までにやった内容の総復習、期末のための勉強ではなく、受験のための勉強をしてみませんか?
 
そして、東進では今、冬期招待講習を実施しています。
12/11(火)までにお申し込みいただければ3講座
12/18(火)までにお申し込みいただければ2講座
12/24(祝・月)までにお申し込みいただければ1講座

まで無料で体験できます。
この冬休み、本気でがんばりたい!という高0、高1、高2生をお待ちしております!
 

1年もあと25日…

2018-12-06
こんにちは!担任助手の三村です。
12月になりました。最近は寒くてまさに冬!ってかんじですね。
防寒対策に気をつけるのはもちろんのこと、
室内外の温度差で体調を壊してしまうこともあるので
寒暖両方に対応できるようにすることを強く推奨します。
(僕はこれで体調を崩したので…)
 
さて、今年もあと1ヶ月を切ってしまいました。
残りの3週間、悔いの残らないように過ごしましょう。
そして来年、1月になると“アレ”がやってきます。
 
そうです、“センター試験”です。

残りは約40日、時間に直すと1000時間ほどです。
こう書くと長く見えるかもしれませんが、
学校、食事、そして睡眠などの時間を考慮するともっと短いです。
ぜひ自分で計算してみてください。
残された時間がいかに少ないか実感できると思います。
というか、実感してください。

実感したら、残された時間で何をすべきか考えてみてください。
いま志望校の過去問を進めている方も多いと思います。
しかしセンター試験が近づいたらそちらの対策も不可欠です。
二次私大の過去問に比べると問題は簡単かもしれませんが
なめていると足元をすくわれますよ。本当に。
 
人によってやるべきことは違うので画一的な正解はありませんが
参考までに僕がかつてやっていたことをご紹介したいと思います。
センター試験は問題の傾向がある程度かたまっているので
それに即した対策が必要です。
 
 
・英語
センターのみならず各大学の試験でも特に重要な科目です。
僕の場合は知識事項が苦手だったので、特に発音・アクセントと文法に力をいれました。
具体的には文法書を一冊買って、空き時間や過去問を解く合間に読んでました。
長文については、演習量がものをいいます。
センターの過去問でも、二次私大の過去問でも、問題集でも、なんでもいいので
どんなに少なくとも1日1問は解くようにしましょう。
 
・数学
ⅠAⅡBの分野から幅広く出題されます。
各大問とも誘導がちゃんとしている一方、誘導に乗れないと混乱してしまいがちです。
また、計算ミスをして桁数が合わないとパニックに陥ります。
試験時間が短く焦りがちですが、横着せず丁寧に、計算過程でこまめに見直すことが重要です。
勉強方法としては、まずはセンター試験の問題を解いてみて知識の穴がないか確認をします。
たとえば定理や公式など、忘れていたらすぐにその場で復習を。
また、数学も演習量がものをいいますから、1日5問は解くようにしましょう。
 
・国語
大学によって出題形式が異なる、難しい科目です。
センターでは早く読解することが求められ、知識は(私大に比べて)そこまで深くはいりません。
こちらもまずは解いてみて、自分に不足している部分を分析してみましょう。
僕は特に古文の知識事項が不安だったのでセンター向けの参考書を購入しました。
読解が不安な場合は、解説を読んで「何を根拠に」正解を導いているかを確認します。
そこから「文章読解の頭の使い方」を学んで自分のものにしましょう。
(たとえば「指示語があるから前を見る」とかそういうのです。
こういった読解テクニックは自分だけで見つけるのが難しいので、解説などから吸収するのがよいでしょう)

・まとめ
どの科目もまずは過去問を解いてみることから!
過去問を解いた上で、不安な箇所を重点的に学習をしましょう。
これはセンターに限った話ではなく、二次私大対策にもそのまま使えます。
 
また、過去問を解いていくなかで大問を解く順番を決めるといいと思います。
僕の場合、英語は大問3から、国語は古漢から解いてました。
思いつきで急に変えるとろくなことがないので、
あらかじめ決めておき過去問演習時からそのようにやってルーティンにしましょう。
 
 
今回は英語・数学・国語の3科目について軽く書かせてもらいましたが、
理科や地歴公民についても聞きたい!ですとか
勉強方法についてもっと詳しく聞きたい!ですとか
そういったことがあれば、遠慮なくスタッフまで聞きにきてくださいね。
僕たちは受験勉強に熱心なあなたを心から応援しています。がんばってください。

センター試験まで残り61日

2018-11-18
こんにちは。担任助手の長谷川です。
久しぶりのブログ更新です。
11月も中旬に入り、気温も下がってくる頃です。
体調管理には十分に気をつけてください。
さて、センター試験まで残り61日となりました。
今回は、残りの短い時間でどのように勉強していくのかを説明します。
 
 
今は、第1志望校の過去問、その他併願校の過去問、苦手科目、志望校対策、センターなど
やることがたくさんあると思います。
その中で優先順位はどれか、自分で考えてみてください。
その優先順位を決定するためには、
今までの模試の結果を詳細に分析する必要があります。
東進生であれば、模試帳票の志望校に対する分析結果を十分に活用しましょう。
 

それができたら、次は綿密なタイムスケジュール作りです。
1日のタイムスケジュールを作成することで、
自分がどれを並行して勉強していくか、どれを優先的に勉強していくのか
明確になり、頭の中が整理されます。
注意してほしいのは、スケジュールを作成するときに
目標設定を忘れないでほしいということです。
その目標に対して、正しい筋道が立てられているかどうか、
何度も何度も自問自答してください。
 

理にかなったスケジュールが立てられたら
次は、そのスケジュールに対して実行するだけです。
なかなか実行できない人が多いようですが、
もうセンター試験まで残り2ヶ月ですよ。
本当に合格したければ、自然と危機感が出てきて、勉強できるはずです。
この時期に真面目に勉強できれば
来年の4月からは、楽しい大学生活が待っています。
気合をいれてがんばりましょう!!!!

計画的に!

2018-11-15
校舎長の下田です。皆さん、志望校の過去問演習は進んでいますか?
この11月に志望校や併願校の過去問演習を解く重要な月です。
なぜかというと、12月に入ると1月に迫ったセンター試験に向けての対策が中心になるからです。
そこで、この11月に計画的に過去問を進めていくことが大事になってきます。
第1志望校はもちろん、第2志望や第3志望の過去問演習は必須です。
大学ごとに傾向が異なるので、例えば英語では第1志望では出題がなかった英作文や要約など第2志望校や第3志望校で出題されるということもあります。
11月に過去問演習を計画的に進めて、12月に繋げていきましょう!
株式会社 真板学園
〒292-0805
千葉県木更津市大和1-1-1
TEL.0438-25-0055
FAX.0438-25-1002

・MGキャラップの運営
・東進衛星予備校の運営
・東進中学NETの運営
・四谷大塚NETの運営

3
1
9
4
3
8
TOPへ戻る